新宿が中国四川の成都?「麻辣(マーラー)」火鍋の激戦区に

いま新宿が中華火鍋の激戦区になっています。

ここ数年、中国の本格的な激辛火鍋チェーンが次々とフランチャイズ出店しているからです。場所は歌舞伎町の中にほぼ集中しています。主な火鍋屋を以下挙げてみましょう。

  • 譚鴨血老火鍋(たんやーしゅえろうひなべ 四川火鍋)
  • 小龍坎老火鍋(しゃおろんかんろうひなべ 四川火鍋)
  • 澣花火鍋(かんかひなべ 四川火鍋) 
  • 蜀一火鍋(しょくいちひなべ 四川火鍋)
  • 小肥羊(しょうふぇいやん モンゴル火鍋)
  • 海底撈火鍋(かいていろうひなべ)
  • 蒙古苑(もうこえん)
  • 三巴湯火鍋(さんばたんひなべ)
  • 大重慶麻辣燙(だいじゅうけいまーらーたん)

中華火鍋とひと口にいっても、いくつかの種類に分かれるのですが、最近の出店で特に目立つのが、辛くシビれる「麻辣(マーラー)」味の本場、四川省発の火鍋チェーンです。

2020年9月にオープンした「譚鴨血火鍋」を訪ねると、店内はチャイナムードたっぷりの派手な装飾と真っ赤な照明に包まれ、日本在住の中国の人たちが楽しそうに鍋をつついていました。

その光景は「麻辣(マーラー)」火鍋の本場である四川省の成都や重慶の火鍋屋で見たのと同じでした。

実際、成都や重慶に行くと、夏でも火鍋を食べて汗をかき、暑さをしのぎます。冬は言うに及ばずですが、驚くことに、コートを着たまま野外で火鍋をつつく姿も見られるほどです。

彼らが食べている四川火鍋は、牛脂や豆板醤(トウバンジャン)、乾燥トウガラシ、シビれるような辛さを持つ中華山椒の花椒(ホワジャオ)、ショウガ、ニンニクなどにスープを入れて沸騰させ、具材を入れてゴマダレなどにつけて食べます。どす黒く煮えたつスープのシビれや辛さ、熱さで流れ出す汗はハンパじゃありません。

スープを入れるとこのとおり。真っ赤なトウガラシが鍋を埋め尽くすほどです。白く見えるのが牛脂で、スープというより大量の油を煮ているような感じになります。

食べ方や注文の手順はこうです。

1 スープ(中国語で鍋底)を選ぶ

辛さは特辛、中辛、微辛、微微辛まで4段階あり、スープの種類もいろいろあります。

2 つけダレを選ぶ

ゴマやニンニク、海鮮ダレ、トウガラシなどから複数選んで混ぜて使います。

3 具材を選ぶ

メニューから具材を選びます。

たとえば、これはこの店の名前にも使われている鴨の血を凝固させてプリン状にした「血旺(シュエワン)」です。

これは牛のセンマイの「毛肚(マオドゥ)」です。

ほかにも魚のつみれやキクラゲ、干豆腐など、お好みの具材を選びます。

4 鍋にスープを注ぎ、火をつけます。スープが煮えたら、具材を入れて食べます。

譚鴨血老火鍋では、テーブルに運ばれた鍋の上に、運を呼び寄せるという意味の「開鴻運(カイホンユン)」と書かれた紙が置いてあります。スープを入れる直前にこの紙を取り外すと、店のスタッフ全員が声を合わせて「タンヤーシュエジューニン、ホンホンホーホー、ホンユンダントウ(当店はお客様の開運をお祈りします)」と声を上げるのが決まりです。

しばらくすると、鍋が煮えてきました。さあ、具材を入れましょう。

魚のつみれは店のスタッフが入れてくれます。あとは食べるだけ。

鍋をつつくと、体中から汗が吹き出し、頭はボーっとして恍惚状態になります。口の中がシビれて、何を食べているのかわからなくなるほどの辛さだからです。

店長に話を聞くと「以前は日本のお客さんで火鍋を食べる人は少なかったのですが、最近は増えています」とのこと。

実際、Youtubeチャンネルの撮影に参加してくれたモデルさんは「私は全然、大丈夫」とけろりとしていたのには驚きました。店長の話は本当だったのです。

その様子はこちらから。

https://youtu.be/Sd8nscerVO8

新宿の火鍋屋はここだけではありません。激辛好きの人も、そうでない人も、ぜひ訪ねてみてください。シビれる辛さに口が火を吹く絶頂体験を味わえることでしょう。

さて、2月20日に譚鴨血老火鍋の東京2号店の上野店がオープンしました。また3月下旬には、池袋東口店と東口店がオープンしています。

(東京ディープチャイナ研究会)

店舗情報

譚鴨血老火鍋新宿店

新宿区歌舞伎町1-6-7 2F
03-6457-6555
https://rlrmhsls.owst.jp/

譚鴨血老火鍋上野店

台東区上野4-10-5 世界ビル 6F
03-6284-2701
https://akr7129132911.owst.jp/

譚鴨血火鍋池袋東口店

豊島区南池袋1-26-2 8F
050-5488-9745
https://gh05300.gorp.jp/

譚鴨血火鍋池袋西口店

豊島区西池袋1-28-1 第二西池ビル 4F
03-5391-5888

記事で紹介した場所

最新情報をチェックしよう!